読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hidakamasaji’s blog

安保法が決まり、何かキナ臭い雰囲気になってきました。将来、子孫が戦場に行き、無残な目に会うかも知れません。子を持つ親として、この法律は決して望ましいものではありません。このブログを通して、早期の法律の廃止を目指していきたいと思っています。

国連でも不人気だった安倍外交ー4

【恥さらしの安倍首相④】しかし、そうではなかったのです。次のようなことが大統領の心理にあるのだろうと思うんです。「日本で安保法制一つ作るのに随分時間と金がかかった。その割には東アジアで頗る評判が悪い。ウクライナに至っては金と恫喝でネオナチ政権を作ったが、汎スラブの精神を冒涜し、思わぬ反撃を受け、国そのものが滅びつつある。エジプトでは選挙で選ばれた民主的なモルシ政権をクーデタで倒させ、軍政下でシシ大統領を就任させたが、日本と同じく国民の失望を誘った。これら三国への工作は、実のところ、オバマオバマ政権の中枢には知らせることなく実行された。オバマはやはり人間ですから感情が先に立つ。これら三国のトップを個人的には認知したくない。いや、好きになれない。彼らはオバマにとっては SONS OF A BITCH的存在 なんだ。」次の大統領選挙で誰が成ろうと3人のトップの行動の延長線上には明るい見通しはありません。何故なら、3人とも民意を無視しているからです。これら三つの国は間違いなく米国にとって今後非生産的になる。レイムダックオバマもそう感じて居る筈です。

「もちろん、普通の人間は戦争を望まない。しかし、国民を戦争に参加させるのは、つねに簡単なことだ。とても単純だ。国民には攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると主張する以外には、何もする必要がない。この方法はどんな国でも有効だ」byヘルマン・ゲーリング

                     f:id:hidakamasaji:20151014122912j:plain