読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hidakamasaji’s blog

安保法が決まり、何かキナ臭い雰囲気になってきました。将来、子孫が戦場に行き、無残な目に会うかも知れません。子を持つ親として、この法律は決して望ましいものではありません。このブログを通して、早期の法律の廃止を目指していきたいと思っています。

地方都市が持ち回りで国会を開く可能性

f:id:hidakamasaji:20151125111706j:plain

  首都機能の移転そのものも意味があるとは思いますが、首都機
能移転の最初の契機となった地価高騰などは、バブルが崩壊し
てある程度おさまっているし、少子化の影響でますます都市の過
密問題は沈静化する可能性もあるだろうと思います。むしろ日本
として考えなければいけないのは、江戸時代には活気のあった地
方都市が衰退していっていることでしょう。かなり大きな地方都
市でも「シャッター商店街」があるという問題が出てきています
。もちろん規制緩和の影響で郊外に大きな店舗ができて住民がそ
こへ車で買い物に行くといったこともあるでしょうが、それ以外
にも衰退していく理由があると思います。地方都市衰退の問題、
地方をどう元気にするかを首都機能移転等の動きとあわせて考え
ていくことが必要なのではないでしょうか。たとえば、首都機能
の移転に準ずる政策として、個々の自治体が活性化するようなや
り方、例えば複数の地方都市持ち回りで国会を開くというような
試みも可能ではないでしょうか。もし、実施するとなると国会議
員、官僚ともども一緒に移動する必要がありますから、関係者に
とっては大変かもしれませんが、これによって地方が活性化し、
多額のお金も地方に落ちます。地方にできている新しい施設で本
会議を開けばいいのです。そうすると、国会が開催される地方の
現実が国会議員に届くという利点も出てくるのではないでしょう
か。日本全体を均等に発展させることはなかなか難しいかもしれ
ませんが、あまりにさびれて過疎化する地域ばかりが増大し、東
京や一部の地域だけに集中することのないような政策をぜひ考え
ていただきたいと思います